アダム・ヨハン・ブラウン『女学校での懲罰』【Spanking Art Café】

アダム・ヨハン・ブラウンのスパンキング絵画『女学校での懲罰』を、深掘り解説していきます。シンプルながらも、スパ絵画として欠かせない重要な要素をしっかりと押さえて表現してあるので、スパ絵描きさん必見ですよ。

和泉
この絵画、スパ白オフィスのエントランスにもレプリカ飾ってますね。

アダム・ヨハン・ブラウン_女学校

題名がないのでたくさん題名が現れてしまった作品

さてさて、この作品、結構頻繁にオークションに出現しています。

2009年には ①『Le doux châtimentという名で、2010年には ②『Birching in girls boarding-schoolという名で、2015年には ③『Correction in the Girls' School , 1789とい名で世に姿を現しています。

2010年の記録では10,000ユーロ(から?)と書かれています。え? 100万円ちょっとであれば、車より安いじゃないですか。ローンで買いたい。


冗談はさておき、上記の通り、どうも本作には作者がつけた題名がなく、出品される度に適当な名前で呼ばれています。絵画は題名もその作品の一部なので、一応見ていきましょうか。

一つ目。 Le doux châtiment

いや、すみません。管理人、フランス語は全く分からずで、カタカナで書くとどうなるかさえもわかりません。 châtiment は確実に英単語の chastisement (懲罰)ですね。 doux はGoogle先生は「甘い」だと言っています。

というわけで、ネットの海を正解を求めて泳ぎまくりました。実際、イングリシュスピーカーの中でもこのdoux の解釈は割れていたようですが、フランス語スピーカーのスパンコと思しき人の発言を掘り出すことに成功しました。

Nun Spanking Girls, Oil On Copper - Spanking Blog

ここでのdoux は マイルドというよりはスウィート、皮肉でいっているんだ、と。そうすると、『 優美なお仕置き 』なんて感じですかね。

まあ、いずれにせよ画家本人がつけた名前というわけではありませんが、オークションに出品されるにあたり、作品がどういった解釈をされたかは意外と面白く、ちょっと一考の価値はあると思ったので、書きました。


2番目の題は日本語では『女子寄宿学校での鞭打ち』ですね。

この題名は、とっても良くない。

和泉
ええ、ちょっと寄宿学校(Boading School)と言われるとイギリスのそれが思い浮かばれますが、流石にちょっとこの絵はイメージは合わないです。例え寮で生活する学校で先生がシスターだったとしても、です。

※寄宿学校について、こちらもどうぞ


3つ目は 『Correction in the Girls' School』、 『女学校での懲罰』となります。シンプルですね。

吉川
Correction って面白いね。"correct " (コレクト) ってのは、ご存じの方もいるかとは思いますが、「正しい」って意味です。

ここでの correction 意味は「罰」で問題ないのですが、単に罰を与えて懲らしめる punishment と比べて、矯正する、道を正すという感じで、上流階級っぽい、かつちょっと古風な感じのする表現ですな
和泉
はーい、もう帰った帰った

作者のアダム・ブラウンはオーストリア人なので、ドイツ語で見たところ基本的に『Mädchenschule』という名前になっています。これは『女学校』ですね。よりシンプルですね。

まあでも、今回は適当に 『女学校での懲罰』 で通していきましょうか。なんか丁度いい情報量だし。完全に自家訳で、正式の題名でも何でもないことをご承知おき下さいませ。

さて、作者のアダム・ブラウンは1748年生まれのオーストリア人。ウィーン美術アカデミーにて絵画を学びます。しかし、まずは作者ではなく作品の方を見ていきましょう。

さて、ヨハン・ブラウンは女学校の「何」を書いたのか

さて、スパンカー・スパンキーの考察をしていきましょう。

スパンカー・修道女

スパンカーは修道女さんです。もろカトリックの修道女さんです。そんなに年を取っているようには見えないです。ここが学校だとすると、やはり先生なのでしょう。シスターが先生をしているのはカトリックの学校ですね。

こんなサイトでこんな説明するのもなんかあれですが、「十字架にキリストがいる」「絵にマリアがいる」こともカトリックであることの手掛かりです。

和泉
プロテスタントの場合、十字架にキリストがおらず、ただのクロスになります。

有名な絵でない限り専門家が解説をつけてくれないので、特にマニアックな西洋絵画を見る場合は、こういった点が状況解読の手掛かりになりますね

厳格なカトリックの女学校ですね。良い感じですね。

修道女の手にあるのはバーチ、枝鞭ですね。白樺でしょう。ちょっと短すぎる気がしますが、まあ特に言及することはなさそうです。表情はどうでしょう。

激怒しているというよりは、ほんのちょっと眉と目尻を下げて、呆れている感じがします。「まったく、もう!」という感じです。これは、お仕置きの原因を推測する鍵になりそうですね。とても大きな情報です。

スパンキー・女の子

まず、キーの女の子を見てみましょう。女学校ということで、女子生徒ということになります。

和泉
なんかアクセサリーとか高価そうでムカつきますね。ドレスもさらっさらだし。やっぱイギリスの質素で厳格な寄宿学校とはなんか違う、お嬢様学校ですね。けっ

あまりにも服が純白で背中が薄かったため、最初観た時、これは下着であって、ドレスは脱がされて横の椅子に掛けられてるやつなんじゃないかとも考えました。が、後ろの2人と同じようなベルトをしているので、今着ているこのドレスはアウターのようです。

ちなみに、当時はいわゆるパンティに相当する下着は元々はいてないです。ドレスをめくったら生尻です。

和泉
この絵が(おそらくウィーンで)発表されたのは1789年ですが、まさにフランス革命が起こった年です。

女性がパンティを着用するようになったのは、フランス革命によって貴族の女性へのお尻への公開鞭打ちが多発したからだ、なんていう説があります。嘘っぽいですが、普通に出版書籍とかにも載ってるんですよ。

ちょっとどっかで特集したいなぁ。

そして、体勢はベンドオーバーです。

まさかの祭壇にベンドオーバーしてます。

イエスにガン見されてるし。現実的にはちょっと無理がありそうな体勢で、ほぼほぼ肩の部分くらいしか台に乗っていません。また、脚も右のつま先が床に触れている程度。ちょっと場所替えた方が良かったんじゃないですかね、シスターさん。

お尻は丸出し状態です。

まあ、枝鞭なので、丸出しが妥当です。っていうか、そのふっかふかドレスじゃ、パドルもダメージ通らなそう。お尻自体は、全く染められていない、ぷりっとした赤みのある白い肌です。つまり、まだお仕置きは始まっていません。

にしても、片尻が顔に匹敵するような、どしんとした迫力あるお尻ですね。

顔は…… ちょっと陰になっていてわかりにくいですが、頬を真っ赤にして涙を流しています。ゲルマン人のくっきりさがある目鼻立ちなので遠目だと気付かなかったですが、よくよく見ると結構年齢が低そうな感じがします。後ろの2人のお嬢様方も、結構幼いですね。

お仕置きの原因は何?

和泉
そこのあなた! この絵を見た時、女の子のおしりしか見てなかったんじゃないですかあ? この絵には、もっともっと一杯のストーリーが込められていますよ。それを楽しまないのは、もったいない!

アダム。ヨハン・ブラウン先生は、「これがお仕置きの原因だろう」というものを絵に描き入れています。さて、問題。それは、何でしょうか。

アダム・ヨハン・ブラウン_女学校

……分かりましたか?

和泉
誰がどう見ても、これじゃい!!

お仕置きの原因

さあて、床には封筒とそれに入っていたと思わしき手紙、そして何かの絵が。

アメリカドラマなんかでは、親が授業料を払えなくて生徒がお仕置きを受けるなんてシーンもあったりしますが、その類のかしこまった感じのお手紙ではなさそうですね。

というか、同封されている絵、人のようにも見えますね。なんかやらかしちゃってますねえ。一体全体この高貴なお嬢様は、この厳格なカトリックのスクールで、何をやらかしちゃったんでしょう。

和泉
と、殿方かな。殿方の肖像かな、いやあ、あはは

これ以上は画家先生は想像に任せています。

スパンキーを引き立てるオーディエンス

お仕置きを受けている女の子以外にも、ここにはさらに2人の女の子が描かれています。

オーディエンス

あ、いい表情ですね。(素のコメント)

さて、ここで怯えている2人。彼女たちについて考えるべきことはもちろん、「この2人もお仕置きを受けるのかどうか」です。

お仕置きを受けるんじゃないか説

※仕草や表情から、受けた後、という可能性は低い気がします。

  • 左の子は目を布で拭っている。つまり泣いている。叩かれている子を可哀そうだと思っても、自分がお仕置きされないのであれば、さすがに泣かないのではないか。
  • 今は授業中というわけではなさそう。また、もし授業中だとしても、2人が前に立っているのはおかしい。順番待ちをしているのではないか。

お仕置きは受けないんじゃないか説

  • 今は日中である。たまたま2人が出合わせた可能性がある(画面全体が暗いので夜にも見えてしまいそうですが、床に差し込んでるのは日光ですね。こんな明るい蝋燭の明かりはありません)
  • 落ちている手紙が罰の理由だと仮定すると、3人も罰の対象がいるストーリーが想像しにくい。

何か他の説があれば、ぜひ教えて下さい。

師匠から受け継いだお尻の描き方

アダム・ヨハン・ブラウンはウィーン美術アカデミーで美術の勉強をしています。あの、ヒトラーが受験に失敗して美術に恨み抱くことになった、歴史ある(?)美大です。

当時の校長は、多くのハプスブルクの肖像画を描き残したマルティン・ファン・マイテンス(Martin van Meytens)。

彼の作品は、世界史の教科書などで、一度は見たことがあるのではないでしょうか。こんな絵とか。

1755年の皇帝一家の肖像

今回の画の作者、アダム・ヨハン・ブラウンは、このマイテンス先生に師事しています。

そしてこの、マイテンス先生、割と変態的な絵を作成されています。それが、この2枚の絵画から構成される、『跪く修道女』(1731)です。

kneeling_nun
『跪く修道女』マイテンス (1731)

和泉
……

このたっぷりとした肉々しいお尻のベンドオーバー、上の弟子であるブラウンの絵画にも引き継がれていると言ってもよいのではないでしょうか。

管理人はですね、実際これは、パトロン貴族がマイテンスに「エロイラスト」として描かせたんじゃないかって思ってるんですよ。もちろん罰を受けるために待っている従順な修道女を描いているんだ、とも考えられますが、いやあ、それだったら、この娘、こんなににこやかにしていないと思いませんか?

和泉
っていうか、後ろにいる年寄りの修道女、怖っ

これは、この作品を「教訓的な」作品にするための口実として、罰を与える人を描いているだけです! ……まあ、もちろん全て想像の範疇に過ぎません。

そんな、妄想、もとい想像を膨らませながら、スパ絵画を楽しむのも一興ではないでしょうか。

では、次の絵画で。

Recommended