イラクサ、その凶悪な攻撃力
七峰
こんにちは、七峰です。

今回は西欧の子どもたちのトラウマ、イラクサを使ったお仕置きについて見ていこうと思います。イラクサのハーブティーを飲みながら、どーぞ。
オストラスタジオ(フランス)によるイラクサ・スパンキングの作品(20世紀初頭)

イラクサとはどんな植物か

イラクサ(nettle)は日本にも野生していますが、今回主にお話しするのは、北米や北部ヨーロッパに生えているセイヨウイラクサについてです。

とはいえ、イラクサなんてあまり日常で触れることも少ないですね。遠目で見たヴィジュアルは決して特徴的なわけではなく、ちょっと葉っぱがとげとげしてるかもなあ、くらいの形です。

しかし、その漢字表記を見れば、一瞬でイラクサの戦闘力がわかります。

イラクサの漢字表記は2種類存在します。一つ目は古語の和名に漢字を充てた表記。

刺草いらくさ

「いら(刺)を持つ草」ということです。そしてもう一つが中国から来た漢名。

蕁麻いらくさ

何だか見たことある漢字……

そう、蕁麻疹(じんましん)の蕁麻です。現代中国語では咬人猫と書きます。

Wikipedia 『咬人猫』

  1. 咬人猫
  2. またの名を蕁麻
  3. もしくは咬人蕁麻
  4. あるいは刺草
  5. ついでに蕁麻科蕁麻属の植物

七峰
ヤバい! こいつはどう見てもヤバいやつだ!
噛んでくる猫ってのはかわいいけど!

※ちなみに咬人狗という草もあります

そう、この凶悪な植物は、その茎でお尻を叩くことで

トゲ
かぶれ

2つのダメージを与えられる、恐るべきお仕置き道具なのです。

セイヨウイラクサの刺毛

見た目が凶悪すぎる……

子供たちのトラウマ

イラクサは植物であり、そこらへんに群生します。都市中心部はさておき、ヨーロッパの自然が多い郊外、田舎では、外で遊ぶ子供たちはどこかのタイミングでこのイラクサの洗礼を受けることになります。

イラクサの群生場所に体を突っ込ませたら最後、薄い肌着なんてなんのその、茎が持つトゲトゲで体中を貫かれるわけです。

刺自体の物理的な攻撃力はそこまでではないですが、この刺が「ギ酸」という毒魔法を備えているため、触れた肌はかぶれ、ひどい場合は数日間痛み、かゆみが続く可能性があります。

ヨーロッパなどでは昔から、庭で小さい子供たちが行くと危ない場所などにイラクサを植えたりもしました。本気で武装したら行けるだろうという話ではなく、小学生くらいの子どもであれば、一度イラクサにやられた場合、もう怖くて周辺には近づけなくなってしまうわけです。

つまりイラクサは、

トゲ
かぶれ

の2つの攻撃手段を持ったうえで、「イラクサで叩くよ!」と言うだけで子供のメンタルに訴えかける

トラウマ攻撃

が可能な、マルチ属性お仕置き道具だったのです。

実際にイラクサでお仕置きは可能なのか

じゃあイラクサでお尻を叩くのは、お仕置きに常用されていたのかと言うと……

それはちょっと難しいんじゃないかなぁ、というのが正直なところ。

少なくとも、化学物質が絡んでくるので、キーに対するダメージコントロールが自力ではとても難しい。あまり愛のあるお仕置きではないですね。そのかぶれ方は、全くもって美しくなく、皮膚はひどい虫刺されのような状態になります。

「nettle spanking」とかで検索したほうが手っ取り早いと思いますが、少なくとも管理人は見るだけで萎えます。

(とはいえ、映像・画像・文章の媒体問わず、ある程度のイラクサ・ポルノがあるのは、一定の需要があるというわけですが)

さらに、イラクサは下手したらカーの方も手がかぶれるという、まさに文字通りの諸刃の剣。写真やイラストでは、スパンカーは手袋をしていることも多いです。逆に言うと、葉っぱのついた植物を持っていて、手袋をしていたら、それは十中八九、イラクサです。

七峰
カー視点でもキー視点でも七面倒くさい道具だなあ……

やはり現実的な体罰というよりは、フィクションの世界(現実でのプレイを含む)で使われるものとして考えた方がよさそうです。


イラクサは白樺のように鞭として使うことも可能ではありますが、その形状や強さを考えると、物理攻撃力は大したことはありません。イラクサでお尻を叩くことで、かぶれを引き起こして痛痒いダメージを与えることができるわけです。

あれ、叩く必要なくない?

そうなのです。触れていればいいので、叩く必要はないのです。とはいえ、19世紀イギリスでの “大人の” 社交サロンなんかではイラクサ・スパが流行ったりもしていました。やはり「叩く」という振る舞いが派手であることも、スパ道具として使われる一つの要因かな、と推測しています。

そして、もっと陰険なお仕置きもあれこれ存在します。よく見るのが、下半身を裸にして、イラクサを敷き詰めたイスに座らせるとか、パンツの中にイラクサを詰めるとか。もっと極端なものでは、箱にイラクサを敷き詰めて、そこに素っ裸にした女性を突っ込むとか……

七峰
そ、そこまで行くとウチのテリトリー外になってしまいますよ。なんだかんだで、触れるのが一瞬である「叩く」と言う行為が、コントロールしやすいので、プレイとして一番楽しみやすいのかもしれませんね。

なお、これを書いている人間はイラクサプレイを試したことはありませんし、試す気もありません。

ちなみに、奈良公園のイラクサは、鹿から身を守るために千年かけて毒と刺を鍛え上げたという話です。奈良在住の方はぜひとも試していただきたいものです。冗談です。

Recommended