韓流歴史物スパンキング基礎講義 ~コンジャンを巡る旅~

できる限りまともな情報ソースに依りましたが、管理人の韓国語読解力にはどうしても限界があるので、韓国語堪能な方、何かあればご指摘いただければ幸いでございます。

和泉
海外カテだけど、歴史なので私が入りますね。なんか吉川さん、コーヒーブレイクだって言って3時間くらい帰ってこないし。

『春香秘伝』の尻叩き

韓国歴史作品のスパシーンの、最高傑作は何でしょう?

もちろん人それぞれですが、管理人的には断トツ一位の作品がこちら。

『春香秘伝 The Servant』

(2010 原題 방자전 /房子伝)

春香伝という、チュニャン(春香)という娘を主人公にした朝鮮に伝わる物語を、大胆にアレンジして映画化した作品です。

全年齢作品だと、ここで取り上げるのも気後れしますが、R18作品なので、がっつり紹介です。といっても、『春香秘伝』という作品名はご存じなかったとしても、スパシーンは知っている方も多いのでは。

春香秘伝』(2010)より

このスパシーンはあまり類を見ない特殊な設定で、前に立っている役人のあんちゃんと、台に縛られているチュニャンが口裏合わせて演技し、出世のために美談を生み出して中央政権に売り込みをする、

「狂言の尻叩きの刑」

です。そんな、体張りすぎでしょう春香ちゃん。

スパンキーをヒロインを務める女優さんは、先日外国映画として初のアカデミー賞を得た『パラサイト 半地下の家族』でもパク家の美人妻を演じたチョ・ヨジョン女史。

『春香秘伝』のクランクアップが2010年1月10日ということで、当時まだ28歳の彼女の、お仕置き棒を弾力で跳ね返すほどの、みずみずしいお尻を堪能することができます。

和泉
みずみずしいってか、物理的に濡れているじゃないですか

それは対女性尻叩き用手法「ムルボルギ」ですね。後で説明を入れましょう。このスパシーンの目玉でもあります。「時代考証をしっかりした結果水をかけることにした」なんて言い訳する気ですか、監督さん?

下着がふんどしのため、この段階でも布が張り付いて、既にお尻が見えているに等しいですが、この『春香秘伝』は、さらにベッドシーンも複数あり、生尻も、というか全裸も普通に拝むことができます。

それに加えて、このスパシーンのちょっと前。彼女は、また別の「アホ面だけど中身はそれ以上な役人(春香ちゃん談)」に捕まります。そして「お前、Mだから叩かれると嬉しいって聞いたぞ?」と縛られて正座している状態で(ご厚意で)お尻を何度もベシベシ叩かれる謎サービスシーンもあります。

その叩き方が、見ていても全くそそられないので、やっぱり彼はアホ役人なんでしょう。

とりあえず『春香秘伝』についてはこのくらいで。

さて、この『春香秘伝』の尻叩きの刑、これが通称「コンジャン」です。通称です。歴史的に正確な用語としては、いくつかの点で(道具とか)コンジャンではないです。笞刑としている韓国サイトもありました。しかし、基本「コンジャン」と言っても通用するでしょう。

では、コンジャンとはなんなのでしょう。

コンジャン誕生

とりあえず、곤장という韓単語のカタカナ表記は、コンジャンとしておきます。ハングルの고はカタカナ的には「コ」か「ゴ」で、곤장も英語表記だとgonjangになりますが、個人的好みと通例を鑑みて「コ」でいきましょう。

コンジャンは漢表記で棍杖であり、大きな木製パドル状の道具を指す単語です。そこから派生して、コンジャンを使用した刑罰自体も指すようになります。

和泉
このあたりの話をしようとすると古代中国で定められ、日本も取り入れた五刑(韓国語ではオヒョン)というシステムが出てきます。笞刑・杖刑・徒刑・流刑・死刑というやつです。

日本史の教科書や資料集なんかに「笞刑:細い棒で尻を50回叩く」「杖刑:太い棒で尻を100回叩く」みたいに書いてあったりしますね。

(なお、この辺の説明があったため、管理人は中学の日本史資料集をいまだに保管している模様。中学時代からこんなことやってたのか……)

コンジャンは法典『續大典』(1746)によって登場した朝鮮オリジナルの刑罰で、中国由来の五刑とは系統が違うものです。つまり杖・は本来はそれぞれ別の道具を指しており、笞刑杖刑棍杖刑は別の罰ということになります。

笞刑 → 杖刑 → 棍刑 の順に厳しくなります。

漢表記ハングル道具内容
笞刑 テヒョン태형細い木の棒で尻を10-50回叩く(五刑)
杖刑 チャンヒョン장형 チャン太い木の棒で尻を60-100回叩く(五刑)
棍刑 コンヒョン곤형棍杖 コンジャン棍杖で尻を叩く

今回は五刑については割愛して、コンジャンに集中しましょう。

適当な時代考証の歴史ドラマのせいで、杖刑とコンジャンの区別がごっちゃになっている、という韓国の方の指摘もしばしば見受けられます。一方で、当時から杖刑とコンジャンの区別は適当だった話もあります。

なんか小難しい話ですね。とはいえ、順を追わないと説明が難しいので、どうでもいいという方は適度に飛ばしてください。

コンジャンの種別

コンジャンに使用される道具は主に以下の通りです。(小さい順)

  • ソゴン (소곤、小棍)
  • チュンゴン(중곤、中棍)
  • テゴン(대곤、大棍)
  • チュンゴン(중곤、重棍)
  • チドゴン(치도곤、治盜棍)

흠휼전칙(欽恤典則)
『欽恤典則(흠휼전칙)』(1778)より

和泉
『欽恤典則』は、22代朝鮮国王・正祖の命で、『續大典』に書かれたコンジャンを含む刑罰の道具・システムを整理して制定したものです。

上図を見ればわかりますが、基本的にはどれも同じパドル状でサイズが違うだけです。また、韓国歴史ドラマで見ることが多いのも、この形状かと思います。どれも柳で作られます。人サイズくらいあって名前も強そうなチドゴン(治盜棍)は、盗賊を治める棍、という意味ですね。

笞や杖なんかは、どちらも(法律上は)直径1cm未満の細い鞭ですが、コンジャンは桁違いに大きいです。

オンダル観光地のロケセット

大きさというか、どちらかというと重さによる威力が大きいと思われます。よく韓ドラの解説などでも「最悪の場合死ぬことも」などと書かれています。なぜ尻叩きで死に至るのかという生理学的・医学的な理由は、いくつもあるのですが、当サイトのテーマではないのでその辺の話は省きます。

フィクションと実際

先ほど書いたように、このコンジャンに関する記述が公式なルールで初めて現れるのは1746年。そして李氏朝鮮の500年物歴史を書き記した『朝鮮王朝実録』において、コンジャンを使った尻叩きが初めて記録されているのが1599年。日本では関ヶ原の戦いくらいですね。

なんで年代を出したかと言うと…

このコンジャンは李氏朝鮮中期に現れたものだということです。

例えば朝鮮時代よりも遥か昔。古代・高句麗時代を舞台にした『鉄の王 キム・スロ』でも、パドル型コンジャンでの十字縛り付け尻叩きシーンがありますが、時代的には合わないですね。

また、祝!コンジャン初ルール化の『續大典』においては、コンジャン使用対象は兵士などの軍関係の刑罰に限られていました。(後に対象は重罪の一般人にも広がります)

まあ、派手なのでそれで全然いいと思います。

なお、上に挙げた『キム・スロ』は一般の歴史ドラマですが、雨でびしょびしょスケスケかつ、どう見ても意図的な胸アングルで、狙っているとしか思えない。

和泉
話それますけど、尻叩きの刑のシーンって、「シリアスなシーンとしてではなく、興行的なサービスシーンとして作ってるだろっ」て言うのもある気がします。実際はどうなのでしょう。比率としても女性が受けるシーンが多いと思いますし、真面目に考えるなら男性のシーンも、もう少し多くてもいいはずです。

やっぱスパフェチじゃなくても、ちょっと目を取られて視聴率上がるんですかね。中韓のテレビ制作の人に聞いてみたいなぁ……

しかしながら結局、ルールは所詮紙上の物。コンプラなんても概念さえ存在しない歴史の世界。特に中央政府の目が届かない地方では、法律上の刑罰として犯罪者に執行されているものではない、拷問や私刑(リンチ)が乱用されました。

そして、フィクションの尻叩きの刑は、ほぼ拷問や私刑となるわけです。日本でも割と知名度が出たドラマ『百日の~』の尻叩きの理由は、「結婚しないから」ですし 。(あれは史実ものではなく架空ファンタジーですが)

規定された刑罰ではないなら、その時点で言葉の定義も何もないです。こうして、コンジャンの指し示す意味が曖昧になっていきます。

「下着一枚」VS「ムルボルギ(濡れ尻)」VS「生尻」

受罰者が男性の場合は、基本的に生尻となります。

以上。終わり。

では女性の場合。

宋以前の古代中国では基本的に男女問わず服を脱がせて叩き刑を行っていました。しかし、フビライさんでお馴染みの元の時代に「單衣決罰」という下着を一枚着けた状態での罰が現れます。明の時代に大明律によって「姦通罪」(要するに不倫)を除いて女性は下着を一枚着けた状態での罰が明文化されました。李氏朝鮮も大明律を導入していた都合、その制度が入っていくこととなります。

下図はコンジャンではなく上で一瞬だけ触れた笞刑ですが、着物はまくられつつも、肌着一枚残されているのが分かります。(『刑政圖帖』自体は当時ではなく19世紀になってから描かれた絵画集です)

『刑政圖帖(형정도첩)』より

『朝鮮王朝実録』には、こんな話が記録されています。

1501年、燕山君の時代、3人の妓生(おかかえ遊女)が酒宴で国王の期限を損ね杖刑を受けることに。その一人、耐寒梅は役人に賄賂を与え、服の下に毛皮を入れます。しかし、結局企みはバレ、さらに厳しい罰を与えられたとされます。

和泉
ああ、つまり彼女は、少なくともお尻を剥き出しにされないことを知っていて、チートしようとしたということですね…

ちなみに、燕山君は朝鮮史上最大の暴君とされ、3000人の妓生を囲い、化粧をしていなかったり、衣服が汚れていただけでも杖刑に処していたと言われます。


さて、肌着着用の上で実施するとなると、お尻の現在の状況が確認できないですし、叩く位置も定かじゃなくなります。

ここで生まれたのが「ムルボルギ(물볼기)」!

「濡れ尻」の意味ですが、下着に水をばしゃっとかけて、ぺったりお尻に生地を張り付けてから叩くものです。最初に紹介した『春香秘伝』でもやっていますね。

長崎の出島に向かう際に難破し、朝鮮に漂流したオランダ人ヘンドリック・ハメルも、著書『朝鮮幽囚記』で当時の罰の様子をこう記しています。

彼らにズボンを下げさせて地面に平伏させるか、または台に縛りつけます。婦人は恥ずかしくないように下着を一枚だけつけさせますが、叩きよいようにまずそれを濡らします。

『朝鮮幽囚記』ヘンドリック・ハメル(生田滋訳)

和泉
そういえば、不倫は女性でもお尻丸出しという話でしたね。

朝鮮の歴史書『増補文献備考』によると、姦通罪は男女2人とも尻を剥き出しの上、杖80回の刑。女性に関しては、もし既婚者であれば10回追加で90回の刑と規定されています。鍾路の広場での公開刑罰となります。

また、前述の『朝鮮幽囚記』でハメルは、

姦通、もしくは駆け落ちした場合は、両者を裸にして繋ぎ(薄い下着を許されることもある)、顔に石灰を塗り、背中に銅鑼を縛り付けて、それを叩きながら、彼らが姦通者であることを叫びながら町中を晒し歩き、最後に尻叩き5,60回の刑に処す

と記しています。

和泉
そんな複雑な刑罰を定めた法律があるかっ!

だってハメルがそう書いているんですもん。まあ、こちらも私刑でしょう。もしくは、そこの役人の趣味です。


すみません、ちょっと長くなってしまいました。日本や中国の話もまた別にありますし、まだまだ色々書くことはありそうですが、この辺りで区切りましょうか。


七峰
スパンキング・ファンタジーを掲げるうちも、ついに現実世界の話を出してしまったか。きっと一般の世界の人間から「こんなので楽しむなんて引くわー」って後ろ指をさされるんだろうな~、和泉さん
和泉
え?
吉川
ああ、キミも業が深いね。でも、信念をもって出すんだという気なら私は止めない。全ての責任を負おうという、キミの気概を評価して、黙って隠れて見ていたよ
まあ最悪、かえでさんが素っ裸になって背中に銅鑼を縛り付けて練り歩けば、なあなあになるのではないでしょうか
七峰
石灰を買う予算はないから、顔に塗るのは小麦粉にしてちょうだいね
神山
私、ドラ叩く役やりたい!!!
和泉
はめやがったなこいつら……

Recommended