「スリッパリング」ってスリッパでお尻叩きっていう意味?

今回は、スリッパによるお尻叩き、またそれに関連して英語の動詞 slipper についても見て行きましょう。

スリッパリングの意味

スリッパはご存じでしょう。もちろん履物です。室内土足の文化がない日本においても、冬のフローリングにはなくてはならないアイテムの一つです。

さて本題。履物のslipperはもちろん名詞ですが、slipperの動詞形もあります。

slipper
-vt 上靴で打って懲らしめる。

リーダーズ英和辞典

上靴で打って懲らしめる。

どこを打って懲らしめるの? どこを?

あたかもお尻以外に叩く場所がないかのような言い草

いやあ、明示するべきですよね。せめて

「上靴で(主に尻などを)打って懲らしめる」

とかでいいじゃないですか。なんかそれっぽいですし。

まず、スリッパリングという単語を体罰手段の意味で使用した場合、それは日本語では「スリッパ叩きの刑」みたいになるわけです。もちろん単語の意味するものとしては、スリッパで頭を一発スパコーンとはたくのもスリッパリングでしょう。

とはいえ、その行為をわざわざ「スリッパ叩きの刑」とは呼ぶのは大げさかと思います。やはり複数回バシバシ叩かないと。太ももや手なら複数回スリッパで叩くのをスリッパリングというのは十分アリかもですね。

別にここでスリッパリングの厳密な定義を決めたいわけではありません。とりあえずは共有できるイメージを作りたいなと思いまして。お尻を上靴でビシビシと何度も叩くイメージを。

その上で、次のトピックに行きます。

注意! slipper = 日本の「スリッパ」 ではない

スリッパ、スリッパと書いておいて恐縮ですが、slipperingのslipperは日本人が思い浮かべるふかふかのスリッパとは限りません。

もちろんこのスリッパかもしれませんが、恐らくそんなに痛くないでしょう…… 先ほどのリーダーズ英和辞典の説明を見ると、

上靴で打って懲らしめる。

と、上靴となっていますね。上靴とは、もちろん外履きではない、上履き、つまり室内用の靴のことです。

こちらの靴をご覧ください。

これはスリッパ、ではなくプリムソルというタイプの靴です。そして、スリッパリングのスリッパはもともとこのプリムソルです。

このプリムソル、イギリスの学校で、特に屋内での運動に使われるラバーシューズです。イギリスと言ったらケインですが、お分かりの通り、ケインはかなり厳しい罰であり、体罰合法下の時代でも公式な体罰として記録する必要がありました。

それに対するその場の簡易的な体罰が、この上履きでお尻を叩くというものです。そうなると、プリムソリングというのが本来形ですが(実際探したらそういう表現も見つけましたが、非常に稀です)、形が近いので俗称として使われていたスリッパという表現から、スリッパリングという名称で使われることになったわけです。

ここまで長々と言っておいてあれですが、slipperingの動画でも検索したら日本人が思い浮かべるスリッパでないことは分かると思います。

スリッパリングはイギリス系統のスパンキング

というわけで、スリッパリングはイギリス系統のスパンキング手法です。前述のように、ケインに比べて比較的罰レベルの低い、即興的なお仕置きに使用されました。一応、一部の学校では正式な体罰道具として規定してたようです。

実際、1970年代の英国教師トレイシー・グレイは、男子生徒の体罰は、スピークス校長によるケイン打ちで、女子生徒の体罰はヒーリー副校長(女性)によるスリッパ叩きだったと回想しています。

ちょっと脱線します。日本で使われている学校の上履き、このイギリスのプリムソルが源流じゃないですかね。だって形がまんまじゃないですか。ちょっと裏が取れなかったのですが…… そうであれば、スリッパリング文化も一緒に輸入してほしかった、ということ言いたいだけですが。

もし何かご存じの方がいれば、教えてください。

Recommended