「スリッパリング」とは?

スリッパリングとは

今回は、スリッパによるお尻叩き、またそれに関連して英語の動詞 slipper についても見て行きましょう。

七峰

靴を脱ぐ日本に比べて、西洋の家庭ではスリッパはより「すぐ」手が届く存在ですね。ただ、ちょっと今回は別の視点でスリッパを考えてみましょう

目次

スリッパリングの意味

スリッパはご存じでしょう。もちろん履物です。室内土足の文化がない日本においても、冬のフローリングにはなくてはならないアイテムの一つです。

さて本題。履物のslipperはもちろん名詞ですが、slipperの動詞形もあります。

slipper
-vt 上靴で打って懲らしめる。

リーダーズ英和辞典

上靴で打って懲らしめる。

どこを打って懲らしめるの? どこを?

七峰

やだなあ、まるでお尻以外に叩く場所があるみたいなもの言いですね

明示した方がわかりやすいでしょう。

「上靴で(主に尻などを)打って懲らしめる」

とかでいいじゃないですか。なんか辞書っぽいですし。

ちなみに英英を片っ端から引いていったら slipperの意味として「尻をスリッパで何度も叩く、体罰の一形態」とまで定義してくれているものもありました。さすが Wiktionary!。

吉川

Wiktinary は「辞書」じゃなくて「Wiki」だけどね。ソースとしての価値は全然違うよ

七峰

吉川、あんたたまによくわからないことを言うよね。Wikiっていうのは企業スポンサーがいないから、観点が公平なの。私がコーヒー1杯分の寄付を頼まれる度にしてあげてるおかげで、Wikiはステマのない真実が記載されているんだから、感謝してね

吉川

突っ込み箇所が多すぎる……

スリッパリングという単語を「体罰手段」の意味で直訳すると、それは日本語では「スリッパ叩き」となるわけです。もちろん単語の意味としては、スリッパで頭を一発 スパコーン とはたくのもスリッパリングでしょう。

とはいえ、その行為をわざわざ「スリッパ叩き」とは呼ぶのは大げさかと思います。やはり複数回バシバシ叩かないと。太ももや手なら複数回スリッパで叩くのをスリッパリングというのは十分アリかもですね。

別にここでスリッパリングの厳密な定義を決めたいわけではありません。とりあえずは共有できるイメージを作りたいなと思いまして。お尻を上靴でビシビシと何度も叩くイメージを。

その上で、次のトピックに行きます。

slipper = 日本の「スリッパ」 ではない

スリッパ、スリッパと書いておいて恐縮ですが、slipperingのslipperは日本人が思い浮かべるふかふかのスリッパとは限りません。

もちろんこのスリッパかもしれませんが、恐らくそんなに痛くないでしょう…… 先ほどのリーダーズ英和辞典の説明を見ると、

上靴で打って懲らしめる。

と、上靴となっていますね。上靴とは、もちろん外履きではない、上履き、つまり室内用の靴のことです。

こちらの靴をご覧ください。

これはスリッパ、ではなくプリムソルというタイプの靴です。

このプリムソル、学校で、特に屋内での運動に使われるラバーシューズです。こいつがslipperingでよく出てきます。あと、ジムシューズと呼ばれる、日本でもよくあるような運動靴も出てきます。

何を言いたいかというと、ここでの「スリッパ」とは室内用の靴を指しているわけです。

七峰

これはスリッパという単語が上履きを示しているわけじゃなくて、お仕置き道具の上履きを「スリッパ!」と俗に呼んでるわけですね

イギリスと言ったらケインのイメージが強いですが、ケインは良くも悪くも大袈裟です。それに対して、その場での簡易的な体罰(オンザスポット)として使用できるのが、この上履きによるお尻叩きです。

まあ、ここまで長々と言っておいてあれですが、slipperingの動画でも検索したら日本人が思い浮かべるスリッパでないことは分かると思います。

ところで、日本で使われている学校の上履き、このイギリスのプリムソルが源流ですかね。だって形がまんまじゃないですか。

正式な体罰

というわけで、スリッパリングはイギリス系統のスパ手法です。前述のように、他の道具に比べて比較的罰レベルの低い、即興的なお仕置きに主に使用されました。一応、一部の学校では正式な体罰道具として規定してたようです。

吉川

そーいや、

「ケインは男子生徒、スリッパは女子生徒」

なんていう記述をWikipediaで見ましたが、これは調べた限りは校則とかで決めている類のものではなさそうですが。信条的な?

ただ、2つの強さが違うということは、よくわかります

さすがに直貼りはできないですが、BBCのArchiveの報道には1980年にイギリスのとある共学高校で、1年間でのべ1800発のスリッパリングが行われたことが記録されています。約45分に一回、生徒の尻が叩かれていたようで。

和泉

イギリスは体罰合法の時代は全ての体罰を記録する必要があったわけですよ。そこには体罰に関する明確な「哲学」がそこにあるわけですが、それはまた別途

ちなみに、当時でもこの体罰回数は異常で、上記の学校は新聞に「slipper school」と呼ばれるスキャンダルとなりました。校長は次の年、体罰の合計打数を減らすため、スリッパに代わり、廃止していたケインの導入を検討していることを地元紙が報じています。

七峰

ごめん、マジレスして申し訳ないけど、

「記録される罰の打数を減らすため、廃止していたケインの導入を検討」

って、バカかな?

なお、その校長は同年のうちにクビになった模様。


七峰

なんか今回は、ネタを拾いやすい学校ものばっかりお話してしまいましたが、もちろんスリッパは家庭でのお仕置きの筆頭選手でもありますね!

吉川

英語的な補足をしておくと、slippering なんて普通は使わないと思います。あくまで行為を表す特殊な単語として考えて下さい。体験談などのコメントフィード等では、

get the slipper

という表現とかよく見る気がします。

目次
閉じる