『サライ』を読み直そう2021 - [前編] 作品解説

柴田昌弘先生の『サライ』(のスパ)を再考する特集です。

『サライ』未読の方に

とあることを調べていて、ふと、柴田昌弘先生のマンガ『サライ』に出てくる「血の10年代」と呼ばれる参事が2016年から、昨年2020年という設定だったことを知りました。そもそも

柴田昌弘先生は、言うまでもなくスパンキング大好きの大御所漫画家です。「スパンク一発だ」なんていうセリフや、つい尻を叩かれてしまう「尻手さん」なんてヒロインは、なかなか他のマンガ家さんの作品では出て来ません。

そして、その代表作『サライ』も、スパンキングシーン豊作な神作品です。

しかしながら、

「血の10年代」ってなんだっけ……?

こう、様々なスパンキングシーンは思い出せても、細かい設定なんかが全然思い出せないのです。まあ、結構前のマンガなので、仕方がなくはあります。ただ、『サライ』のことをふと思い出したついでに、折角今年で「血の10年代」も乗り切った? ことだし、ちょっと『サライ』を振り返って見ようかと思います。

『サライ』未読の方へのイントロダクションになれば幸いです。

和泉
某・東方Projectへの否定不可能な影響は触れてはいけない。

戦うメイドさんたち

ストーリーに入る前に、ちょっと簡単に世界観を説明しましょう。

2007年に「大災厄」と呼ばれる地殻変動で世界は崩壊し、生き残った人々も10代後半になると怪物に変わって暴走、死に至ってしまう世の中になります。これ自体はそこまで突飛な設定ではないですね。

主人公・神薙サライはこうした世界の状況を打破し、人間のあるべき姿を取り戻すために活動している組織に属しています。それが「護衛メイド協会」です。

なんだそれは。

キャラクターデザインが飽和しきっている今現在では、別に戦闘メイドキャラは珍しいものではないかもしれません。しかし、1998年から10年にわたって、時にはお尻を折檻されつつ、モンスターや敵を倒す、メイド服を着た戦闘少女たちを描き続けた柴田先生の発想と執念には恐れ入ります。

柴田先生と言えば「メイドとスパンキング」

流れでメイド研究家の方のTweetを引用しておきます。このようなサイトに引用して申し訳ないですが……

和泉
ちなみに、戦うメイド元祖として、あげられているもう一人の和田慎二先生も、名スパシーンクリエイターですね!

ストーリー概要

さて、ストーリーです。

大災厄によって文明レベルが下がった地球で、護衛メイドの少女、神薙サライが、護衛の依頼をこなして人類を救う術を調査しつつ、自分の出生にまつわる謎に迫っていくアクションマンガです。

ポストアプカリプス的なSF要素も強いですが、まず中世風ファンタジー(いわゆる剣と魔法の世界)と考え頂ければよいかなと思います。

舞台は2041年。この世界では人間は16歳を超えると、どこかのタイミングで怪物化、もしくは徐々に怪物に変身し始めてしまいます。この異形化には個人差があり、例えば海水に浸かると発生が早まる、子どもの肉を食べると変身しないなど、本当かデマかよくわからない風説や慣習も多く、それも一つのストーリーの核となっています。

ファンタジーの町

主人公サライは(少なくとも作品冒頭では)15歳。高校生くらいですね。研修護衛メイドの子どもたちに囲まれていると、結構お姉さんに見えたりします。といっても、この世界には先に説明した変異のせいで平均年齢が異常に低く、10代で結婚、出産、そして20代のうちに変異して死亡などが普通だったりします。幸運にも生きている大人はいるにせよ、子どもの精神年齢は実年齢に対して比較的高いかもしれません。

和泉
ストーリーとしては、サライの出自に迫っていくのが一つの鍵ですが、そこはネタバレになるので割愛します。


さて、サライが所属している護衛メイド協会。スカウトされたり、幼いころに預けられたりした、超人的な能力や戦闘力を持つメイド候補たちは、訓練や試験を経て、上から順に、特A級、A級、S級、C級の護衛メイドにクラス分けされます。特Aは、複素念動(超能力的なもの)を自由に使いこなせる、スーパーエリートです。

そして、協会によって、ランクに応じた依頼に派遣されている。その仕事は単純な要人護衛から、警備や夜のお相手など、様々です。(一通り男性を楽しませるテクニックも備えているようで、それも研修で訓練するのでしょう……)

護衛メイド協会の現在のトップは、御所代様と呼ばれる高齢の女性。護衛メイドたちは彼女に命を賭して忠誠を誓っています。また、実質協会を回しているのが、ヒギンズ夫人という中年の女性。メイド少女と比較すると、厳しくもしっかりした家政婦さんというのがぴったりな感じです。また、バウムバッハ博士という科学者が特Aランクのメイドたちの能力を研究しています。そして、このメイドたち、粗相や失敗、規律違反を犯すと「お仕置き」としてお尻を叩かれます。


メイド戦士たちへのお仕置き

護衛メイド協会のメイドたちは、人類を救うために幼いころから心身ともに厳しい訓練を受けて成長します。罰もまた然り。というわけで、護衛メイド協会の厳しいお仕置き事情についてみて行きましょう。

一点だけ留意しておくべきこととしては、護衛メイドの頑丈さは一般人とレベルが違うことです。普通の人だったら失神するくらいの鞭打ちでも、護衛メイドとしてはそこまでではないのかもしれません。

研修メイドに対するお仕置き

A級以上の護衛メイドには、協会より専属の小間使いとして研修メイドのおちびさんたちが大体は2人ほど配属されます。取り分け、特A級のメイドの専属になることは研修生としての栄誉を意味します。このシステムは、それは優秀な護衛メイドと常に行動を共にして、自分の身に活かすという機会であります。

A級メイドとしては、護衛メイド協会を将来背負って立つ子供たちを躾け、鍛え、戦力として成長させるのは、協会に対する義務であり、それゆえのその上下関係は絶対的なものです。C級護衛メイドのサライは、A級専属の研修メイドに「急いでサライ!」なんて呼び捨で命令されることも。

上のメイドから下のメイドへの体罰は数知れず。付き人として仕える守役のメイドの性格にもよりますが、厳格な戦闘メイドが主人となった研修メイドは、少しの粗相に対しても、相当厳しいお仕置きを覚悟することとなります。

『サライ』4, p84 (柴田昌弘)
縫物が上達しないお仕置きとしてシェリルに待ち針を刺される、シェリル専属研修メイドのチルノとタパ

護衛メイド同士の私闘は規則で厳しく禁じられています。よって、この上下関係に関しては、上の者が下の者に肉体的な罰を与えてよいという何らかの規則が存在すると考えてもよいでしょう。

研修メイドは自分の主人以外からもビシビシしごかれるのがうかがえることも。特A級メイド・ナッジの悪口を言っていたのを、本人に真後ろで聞かれたチルノとタパ(その時点ではサライ付き)は、「うひ~ おしおきだ~」と恐れおののいたりしています。

その罰は留まることを知らず、A級メイドのセレンに口答えした研修メイドのソリッドはボロ雑巾状態になるまで鞭で打たれました。ですがそれも、規則の範囲内なのでしょう。

協会によるお仕置き

さて、お仕置きはメイドの主従関係にのみあるのではありません。一種の軍隊とも言える護衛メイド協会が、メイドたちを厳格に管理するために定めた、鉄の掟を破った不届き者は、協会から厳しく罰せられます。

それは「お姉さま」である主人からのお仕置きとはレベルが違います。規律の乱れは協会の安定に関わり、それは人類の未来に関わるわけですから、そりゃ当然です。協会施設には反省房や懲罰室が設えられています。例えば、規則を破って私闘を行ったサライとシェリルは、罰として反省房に一日入れられることもありました。

この正式なお仕置き(と言うよりは懲罰の方がしっくりくるが、基本的にお仕置きと言われている。通称なのかも)は、おそらく協会幹部の人間が宣告権をもっているようで、逮捕状さながら、罰の通告書を眼前に着きつけられるシーンも見られます。

『サライ』8, p64 (柴田昌弘)
フリッカに生尻パドル50発の刑を即時発行する、仕事が早いバウムバッハ博士

ただ、正直なところサライの奔放さが特殊な例であり、基本的に正規の護衛メイドがお仕置きを受けることはあまりないものと思われます。彼女らは10代半ばとはいえ、護衛メイドとして一人前に鍛え上げられた「大人」であり、自ら護衛メイド協会の規律を乱そうと考えることはほとんどないのでしょう。

和泉
まあ、研修メイド時代に、嫌と言うほどお尻に教え込まれたからかもしれませんけど

実際に作中サライ以外の護衛メイドがお仕置きを受けることは稀です。対して成熟していない研修メイドたちは、きっちり罰を受けています。それはトリのフン掃除1カ月とかだったりすることもありますが、なんだかんだで、お尻叩きは欠かせません。

なんだかんだで愛のある主従関係

きついお仕置きが飛び交っているとはいえ、護衛メイド協会は一種の家族です。とくに高ランクメイドとそのお付きの信頼関係は、感動させてくれるものがります。

冒頭に載せたコマの、裁縫が下手でシェリルに手の甲を針山にされたチルノとタパ。しかしそれでも、シェリルが任務に出かける際は、作っているドレスを楽しみに帰って来てくれと笑顔で送り出します。

16歳を過ぎると徐々に「死」を発症する世界において、短くも意義のある人生を送るために、時間を無駄にせず生き方を文字通り尻に叩き込む。それが護衛メイドの代々受け継いでいる、生き方の教えなのかもしれません。

『サライ』10, p.174 (柴田昌弘)
"お姉さま"は責任をもってお仕置きのサポートも行います

和泉
次回は各キャラごとのスパを見ていきましょう

Recommended